図書館に電気自動車(EV)の充電器を設置するメリットは?導入方法は?

図書館に電気自動車(EV)の充電設備を置くことは、市民の利便性向上や地方創生の観点から大きなメリットがあります。地球環境を配慮したSDGsの取り組みとしても有効です。

この記事では図書館向けの充電器の種類や導入方法、充電設備を置くことで得られるメリットについてご説明します。

図書館に電気自動車(EV)の充電器は必要?

日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げています。今後はこれまでのガソリン車に変わり、電気自動車(EV)が主流となるでしょう。

電気自動車(EV)のユーザーは夜間に家庭で基礎的な充電をして、さらに外出時でも継ぎ足しで充電をしながらバッテリーを運用しています。

こうした外出時での充電を「目的地充電」と呼びます。スマホやPCが普及した現在、充電器やコンセントが使える場所が重宝されるのと同じように、電気自動車(EV)が普及した今後は「目的地充電ができる場所」に人が集まることが予測できます。

図書館も例外ではなく、EV充電器があることが施設の付加価値となります。知的インフラと充電インフラの両方を兼ね備えた施設として、来館者・利用者の増加が期待できます。

図書館に導入しやすい充電器は?

図書館に電気自動車(EV)の充電器を導入するなら、駐車場スペースへの普通充電器の設置をオススメします。

充電器の種類には、短時間で充電が完了する高出力の「急速充電器」と、バッテリーに負荷をかけず長時間かけて低出力で充電する「普通充電器」の2種類がありますが、「急速充電」は電欠寸前の緊急用の設備。主にガソリンスタンドや高速道路のSA/PA、道の駅などに設置されます。滞在時間も長い図書館の利用者には、「普通充電」の提供が適切といえます。

また「急速充電器」には広い設置場所と高額な導入費用が必要なため、こうした側面からも電気自動車(EV)の充電設備を導入するなら「急速充電」ではなく「普通充電」の設置が適切でしょう。

電気自動車(EV)の充電はガソリンの給油とは違い、補給に立ち会わず電源を挿しっぱなしにしても構いません。図書館の利用客は駐車時に充電プラグを挿しこみ、滞在している間に充電を行うことができます。

どのメーカーの充電器も料金の決済はキャッシュレス化されているので、料金を徴収する手間もありません。

電気自動車(EV)を充電できる図書館の数はまだ少なく、導入するだけで大きな差別化を図れるチャンスです。

電気自動車(EV)充電器の図書館への導入方法は?

電気自動車(EV)の充電器を導入する際は、基本的に以下の流れとなります。

・設置場所を決める
・購入する充電器を選定する
・運用方法を決定する(充電管理システム・料金徴収方法など)
・工事を行う施工業者を決定・手配をする

一見するとやることが少なく簡単そうですが、実は慣れていないと難しいのが「設置場所を決める」です。たとえばひとえに「駐車場」といっても場所は様々。利用者の導線から電気工事の工程なども見越したうえで、ピンポイントに場所を決めなければいけません。

充電器を導入したいけれど手間をかけたくない場合は、「エネチェンジEVチャージ」にご相談ください。

充電器の選定から工事の手配まで、慣れない作業をオーナーの方がひとりで行うのは手間がかかります。「充電器を導入したいけれど手間をかけたくない」という方は、「エネチェンジEVチャージ」にお任せください。

「エネチェンジEVチャージ」は、充電器の設置から運営、集客、カスタマーサポートまでのすべてをひとつのパッケージプランとして提供しています。複雑な導入手続きから、導入後の集客やサポートまでをエネチェンジが行うので、面倒な手間がかかりません。

初期費用がかからないプランや、利用者が支払う電気利用料を自由に設定できるプランもございます。初期工事費用が不要のプランもございますので、まず導入してみたいという施設にもおすすめです。

>エネチェンジEVチャージ」の料金プランを見る<

まとめ

電気自動車(EV)の普及にともない、充電設備は図書館にとって大きな付加価値となります。

図書館にオススメなのは「普通充電器」です。駐車場スペースに複数台設置するのがよいでしょう。

「エネチェンジEVチャージ」は、初期設置や運営、利用者のサポートまでを一括でお任せいただけます。初期費用0円・月額費用0円のプランもございますので、まずはお気軽にお声がけください。

お気軽に
お問い合わせください

担当者がご案内いたします。補助金のことや設置にいついての不明点、
料金プラン、サービス詳細についてお気軽にお問い合わせください

TEL:050-1751-0484 (受付時間:平日9時〜19時)