賃貸マンションに電気自動車(EV)の充電器設備を導入する方法は?

電気自動車(EV)の充電設備の設置がマンションにも求められる時代が来ました。この記事では、賃貸マンションに適したEV充電器の種類や導入方法などついてご説明します。

関連記事:分譲マンションに電気自動車(EV)の充電器設備を導入する方法は?

関連記事:マンションにEV充電器を設置するメリットは?

賃貸マンションに電気自動車(EV)の充電器の設置は必要?

生活の拠点であるマンションは特に今後、電気自動車(EV)の充電器設置が求められます。

日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げており、今後はこれまでのガソリン車に変わって電気自動車(EV)が主流となっていきます。

電気自動車(EV)のオーナーは、自宅でクルマを充電したいため、今後は住まいにとってEV充電器は必須の設備となるでしょう。

◎マンションにEV充電器設置を義務化する流れも

近い将来、マンションなどの住宅にEV充電器の設置を行政が義務化するという動きも見られます。

たとえばイギリスは2022年から新築の住宅や商業施設にEV充電設備の設置を義務付ける方針を示し、韓国も2022年からマンションでのEV充電器設置が義務化されました。

日本国内で特にEVシフトに積極的なのは東京都。「ゼロエミッション」「カーボンハーフ」を掲げる都は今後、新築されるビルやマンションにEV充電器の設置を義務化する方針であることを示しています。

資産価値の向上も

法規制や補助金優遇など、さまざまな面から普及が推進されている電気自動車。これから電気自動車のドライバーが増加するに伴い、EV充電器の設置でマンションの資産価値の向上が期待できます。

賃貸マンションやアパートなどの集合住宅も例外ではなく、EV充電ができるという利便性が資産価値の新たな底上げ材料となるでしょう。

◎電気自動車(EV)は家庭で充電

電気自動車は夜間などの時間帯に家庭で基礎的な充電を済ませておくことを想定されています。商業施設や道の駅などに設置された充電スタンドのみの利用でもEVに乗ることは可能ですが、やはり可能であれば自宅で充電したいとドライバーは思っているはず。

電気自動車を充電できる物件は少なく、電気自動車の所有者の多くは新たな物件選びに苦労をしているのが現状です。

「電気自動車(EV)の設備がある」というのはドライバーにとって魅力的な物件の長所になります。

反対にEV充電設備のないマンションやアパートのEVドライバーは、定期的に自宅外の充電スタンドを利用する必要があるため不便を強いられることになるでしょう。

EV充電器の早期設置で、「選ばれる住宅」へ

マンション向けEV充電器「チャージ3」

今後、日本の世の中がEVシフトに進みEV充電がインフラ化するにつれて、EV充電設備の有無が賃貸住宅を選ぶ基準のひとつになってくることが予想されます。

たとえば、ホテル検索サイトの「Booking.com」などではすでに「EV充電」があるかどうかでフィルタリングできる機能が実装されています。駐車場やルームサービス、無料Wi-Fiなどの有無と同じく重要な設備・サービスとして認められているといってよいでしょう。

今後は賃貸住宅を取り扱う部屋探しサイトなどでも同様に、立地や設備と並んで「EV充電」の有無でフィルタリングが行われる可能性があります。

以上のような動向からも、賃貸マンションなどの集合住宅でも早期からのEV充電器設置が求められます。

賃貸マンションに導入するなら普通充電器

エネチェンジのマンション向けEV充電器。左からチャージ3(3.2kW)とチャージ3(6.0kW)

マンションなどの集合住宅に電気自動車の充電器を設置するなら「普通充電器」がオススメです。

充電器の種類には、出力が高く短時間で充電が完了する「急速充電器」と、出力は低めで数時間の充電時間を必要とする「普通充電器」の2種類がありますが、急速充電器は広い設置場所が必要で導入費用も多くかかるため、主に高速道路のSA/PAや道の駅などに設置され、緊急時などの継ぎ足し充電に利用されます。

マンションのように生活の拠点となる場所には普通充電器の設置が適切といえるでしょう。

  • 占有区画に設置して個々人が利用
  • 共有スペースに設置して、住人同士がシェアして利用

などさまざまな設置・運営の方法があり、平置き・機械式・立体駐車場への設置も増えています。

また、普通充電器は設置に場所をとらず、急速充電器よりも導入費用が安いことも特徴です。

電気自動車(EV)充電器のマンションへの導入方法は?

電気自動車(EV)の充電器を導入する際は、基本的に以下の流れとなります。

    1. 設置場所を決める
    2. 購入する充電器を選定する
    3. 運用方法を決定する(充電管理システム・料金徴収方法など)
    4. 工事を行う施工業者を決定・手配をする

充電器の選定から工事の手配まで、慣れない作業をオーナーの方がひとりで行うのは手間がかかります。「充電器を導入したいけれど手間をかけたくない」という方は、「EV充電エネチェンジ」にお声がけください。

>お問い合わせフォームはコチラ

エネチェンジEV充電は、充電器の設置から運営、カスタマーサポートまでのすべてをひとつのパッケージプランとして提供しています。複雑な導入手続きから、導入後のサポートまでをエネチェンジが行うので、面倒な手間がかかりません。

まとめ

  • 今後、ガソリン車に変わり電気自動車が主流になるため、生活の場であるマンションなどの集合住宅では特に電気自動車(EV)の充電設備が求められるようになるでしょう。
  • 充電設備を導入することで資産価値の向上や申し込み集客力の強化が期待できます。

お気軽に
お問い合わせください

担当者がご案内いたします。補助金のことや設置についての不明点、
料金プラン、サービス詳細についてお気軽にお問い合わせください

TEL:050-1751-0484 受付時間:10時〜18時(年中無休)