キャンプ場に電気自動車(EV)の充電器を設置するメリットは?導入方法は?

電気自動車(EV)の充電器をキャンプ場に設置することで、新規顧客の開拓やリピーターの獲得が期待できます。自然を楽しむためのキャンプ場だからこそ、地球環境に優しい電気自動車(EV)の充電器設置をご検討ください。この記事では、キャンプ場がEV充電器を導入するメリットや、キャンプ場向けのEV充電器の種類、導入方法などをくわしくご紹介します。

キャンプ場に電気自動車(EV)の充電器は必要?

日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げており、今後はこれまでのガソリン車に変わって電気自動車(EV)が主流となっていきます。

市街地から離れたキャンプ場であれば、特に充電器のニーズは高まることでしょう。実際に最近ではゴルフ場リゾートホテルにもEV充電器の設置が進んでいます。

また電気自動車(EV)とオートキャンプの相性の良さも注目されています。電気自動車はバッテリーを利用して家電を利用することができるため、ホットプレートや電気ケトル、コーヒーメーカーや小型の冷蔵庫などをアウトドアに活用できるのです。

火を起さなくても食事を作れるようになるので、キャンプ客は装備も減りますし、設営や後片付けも楽になります。現地で扱えるギアの選択肢も広がるため、「オートキャンプ × 電気自動車」は新たなスタイルとして普及するでしょう。 電気自動車(EV)はエンジンが無いので、家電を使っている間もアイドリングの騒音は起きませんし、PHEVであっても外部へ給電するためにエンジンをかける必要はありません。

※ちなみに、こうして電気自動車のバッテリーから家電機器などに給電することを「V2L」(Viechle to Load )と呼び、防災目的でも注目されています。

オートキャンプでない施設であっても、遠出するEVユーザーにとって充電器はありがたい存在です。「電欠」の心配が無いため来場する心理的なハードルが下がり、道中にわざわざ別の場所に立ち寄って充電する必要もなくなるので、より長くキャンプ場に滞在してもらえるという効果も期待できます。

「自然」が何よりも大切なキャンプ場だからこそ、電気自動車の普及を後押しして地球環境に配慮する姿勢を示すことにも価値があると言えます。

>ゴルフ場への事例「首都圏からの走行距離を考えて導入」

キャンプ場に導入しやすい充電器は?

キャンプ場に電気自動車(EV)の充電器を設置するなら普通充電器がオススメです。駐車場や受付周辺のスペースに設置するのが良いでしょう。

充電器の種類には、出力が高く短時間で充電が完了する「急速充電器」と、出力は低めで数時間の充電時間を必要とする「普通充電器」の2種類がありますが、長時間滞在するキャンプ場の利用客に提供するなら普通充電器が適切と言えます。

利用者がスマートフォンアプリひとつで決済できるシステムを用意しておけば、別途充電料金を徴収する手間もかかりません。

「エネチェンジEVチャージ」は金額を設定できるプランもあるので、「キャンプ客は無料でEVを充電できる」というサービス展開も可能です。

電気自動車が充電できるキャンプ場はまだ少ないので、導入するならライバルの少ない今はチャンスです。充電設備の導入により、新規顧客やリピーターの獲得が期待できます。

電気自動車(EV)充電器のキャンプ場への導入方法は?

導入事例:グランドーム福岡ふくつ 駐車場

電気自動車(EV)の充電器を導入する際は、基本的に以下の流れとなります。

・設置場所を決める
・購入する充電器を選定する
・運用方法を決定する(充電管理システム・料金徴収方法など)
・工事を行う施工業者を決定・手配をする

一見すると簡単そうですが、実は慣れていないと難しいのが「設置場所を決める」です。

たとえばひとえに「駐車場」といっても場所は様々ですし、オートキャンプで区画ごとにスタンドを設置したい場合も電気工事の工程なども見越したうえで検討しなければいけません。

充電器を導入したいけれど手間をかけたくない場合は、「エネチェンジEVチャージ」にご相談ください。

「エネチェンジEVチャージ」は、充電器の設置から運営、集客、カスタマーサポートまでのすべてをひとつのパッケージプランとして提供しています。複雑な導入手続きから、導入後の集客やサポートまでをエネチェンジが行うので、面倒な手間がかかりません。

初期費用がかからないプランや、利用者が支払う電気利用料を自由に設定できるプランもございます。初期工事費用が不要のプランもございますので、まず導入してみたいという施設にもおすすめです。

>エネチェンジEVチャージ」の料金プランを見る<

導入事例:キャンプ場(グランピング)の場合

導入事例:キャンプ場(グランピング)の場合|グランドーム福岡ふくつ

「これからEVシフトをしていく中で、インフラ作りに協力したいと思いました。 私たちの施設に一度に入れるお客さんは最大16組ですので、設置費用と集客効果・電気代収益が見合うかどうかというコスト面の不安が当初ありましたが、初期費用0円、月額費用0円のプランに惹かれてまずは導入してみようと決断しました」(グランドーム福岡ふくつ 総支配人 西村さま)

まとめ

今後、電気自動車(EV)の数は確実に増えていきますが、充電設備が整ったキャンプ場はまだ少ないのが現状です。他社との差別化のためにも充電器の導入をご検討ください。

キャンプ場のように利用者の滞在時間が長い施設には普通充電器がオススメです。

私たちの提供する「エネチェンジEVチャージ」は、充電器の設置から運営・集客・カスタマーサポートまでのすべてをひとつのパッケージプランとして提供しています。複雑な導入手続きから、導入後の集客やサポートまでをエネチェンジが行うので、面倒な手間はかかりません。初期費用や月額費用のかからないプランもございますので、まずはお気軽にご相談ください。

お気軽に
お問い合わせください

担当者がご案内いたします。補助金のことや設置にいついての不明点、
料金プラン、サービス詳細についてお気軽にお問い合わせください

TEL:050-1751-0484 (受付時間:平日9時〜19時)