PHEV・PHVとは?プラグインハイブリッド自動車の特徴

PHEV・PHVとは、電動車(EV)の種類のひとつで、ガソリンエンジンと電動モーターの2つの動力を搭載したハイブリッド自動車に充電機能がついたプラグインハイブリッド自動車のことをいいます。

この記事ではPHEV・PHVの仕組みや特徴について、くわしく解説します。

PHEV・PHVとは?

PHEV・PHVとは、環境に優しいクルマの種類のひとつです。

邦訳では「プラグインハイブリッド車」と呼ばれているもので、“Plug-in Hybrid Electric Vehicle” を略して「PHEV」または「PHV」と表現されています。

「ハイブリッド」と名の付く通り、ガソリンと電気の二つのエネルギーが利用可能です。

従来までのハイブリッド車(HVやHEVと表現されることが多いです)との大きな違いは、外部電源からバッテリーを充電できるということです。

ハイブリッド車に搭載されたバッテリーの充電方法はブレーキの負荷を再利用する「回生充電」だけであったのに対して、PHEVは回生充電にくわえて外部からの給電が可能。家庭で充電するほか、全国にある充電スタンドを利用することもできます。

「車外から電源プラグを接続して充電できる」ということから「プラグインハイブリッド車」と呼ばれるようになりました。

いわゆる「EV」と同じ規格の充電設備を使用できる一方で、今まで通りガソリンでも走れるという安心感から、「電気自動車に興味があるけれど、いきなり100%電動化するのは不安」というオーナーからも支持を集めています。

ちなみに日本政府は「2035年までに乗用車新車販売で電動車100%」という目標を掲げていますが、この「電動車」には従来のハイブリッド車や燃料電池車、そしてPHEVも含まれており、2035年以降も走行・販売が禁止されることはありません。

PHEV・PHVの特徴

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)の特徴をご紹介します。

まずは「電気自動車」としての加速性能と静粛性です。ガソリンエンジンではなく、電気モータを利用して走行する場合は、電気モーターならではの走りを実感することができるでしょう。電気はガソリンに比べてコストが格段に低いことも魅力の一つです。

つぎに、プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)は「ガソリンで走る」という選択肢を持っていることです。当たり前のことを書いて拍子抜けされたかもしれませんが、やはりこれが大きな特徴と言えます。

長距離移動をする際には「ガソリンでも走れる」が非常に重要となってきます。

というのも、EVドライバーが長距離を移動する際には途中での給電が不可欠です。ガソリンであっても長旅の場合は1度くらいは給油をしたいものですが、100%電気で動くEVのドライバーは補給に対してガソリン車ドライバーよりも敏感です。

往復路にある設備をあらかじめ確認しながら「ここのパーキングで休憩と充電をする」といった予定を入念に立てておく方が安心です。いざ必要に迫られると綿密に計画を立てること自体にハマる人も多いのですが、面倒だと思う人もいらっしゃるでしょう。

PHEVはEVに比べて航続距離も長く、ガソリンと電気の両方で補給ができるため、長距離の移動の際には「ガソリンでも走れる」が大きなメリットとなるでしょう。電気自動車としての走行では経済的かつ地球にも優しいパフォーマンスを発揮する一方で、電気自動車への不安はガソリンで補ってくれます。

なお、このような「充電スポットが少ないのでは?」「航続距離が比較的まだ短い」といった課題が解決するのは時間の問題。今後の電気自動車の普及と、各メーカーの技術により段階的に乗り越えていくことでしょう。

まとめ

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)についてご紹介しました。日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げており、今後はプラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)を含む電気自動車が主流となります。

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)やEVが利用できる充電スタンドを設置したいという法人の方は是非エネチェンジにお気軽にご相談下さい。

お気軽に
お問い合わせください

担当者がご案内いたします。補助金のことや設置についての不明点、
料金プラン、サービス詳細についてお気軽にお問い合わせください

TEL:050-1751-0484 受付時間:10時〜18時(年中無休)