PHEV・PHVとは?プラグインハイブリッド自動車の特徴

PHEV・PHVとは、電動車(EV)の種類のひとつで、ガソリンエンジンと電動モーターの2つの動力を搭載したハイブリッド自動車に充電機能がついたプラグインハイブリッド自動車のことをいいます。PHEV・PHVの仕組みや特徴について、くわしく解説します。

PHEV・PHVとは?

PHEV・PHVとは、プラグインハイブリッド自動車のことをいいます。PHEVやPHVと呼ばれるのは、PHEVはPlug-in Hybrid Electric Vehicleの略称で、PHVはPlug-in Hybrid Vehicleの略称です。

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)は、電動車(EV)の種類のひとつです。電動車(EV)の種類には、電気自動車(BEV)、ハイブリッド自動車(HEV・HV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)、燃料電池自動車(FCEV・FCV)があります。

PHEV・PHVのしくみ

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)は、ハイブリッド自動車(HEV・HV)に充電機能が加わった車です。

ハイブリッド自動車(HEV・HV)はガソリンエンジンで走行中に電動モーターのバッテリーが充電されるため、自由に充電することはできません。いっぽうプラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)は車載のガソリンタンクへガソリンを入れて、車載のバッテリーには外部電源から電気を充電することができます。

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)は、基本的には外部電源から電気を充電して走ります。充電が切れたときはガソリンエンジンを回して充電しながら、ハイブリッド自動車(HEV・HV)と同じくガソリン・電気のふたつのエネルギーを効率的に使って走行します。

PHEV・PHVの特徴

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)の特徴は、通常は電気のみのエネルギーで経済的に走り、長距離では電気とガソリンを併用して環境に優しい走行ができること。

ハイブリッド自動車(HEV・HV)に外部充電機能を加えたことで、ハイブリッド自動車(HEV・HV)よりも電気だけで走れる距離が長くなっています。

まとめ

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)についてご紹介しました。日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げています。今後はこれまでのガソリン車に変わり、プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)を含めた電動車が主流となっていきます。

エネチェンジでは、電気自動車の充電設備を導入したい商業施設や宿泊施設・駐車スペースのオーナーの方向けに、充電器の設置から運営、集客、カスタマーサポートまでのすべてをひとつのパッケージプランとした「エネチェンジ EV チャージ」を提供しています。導入をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

お気軽に
お問い合わせください

担当者がご案内いたします。補助金のことや設置にいついての不明点、
料金プラン、サービス詳細についてお気軽にお問い合わせください

TEL:050-1751-0484 (受付時間:平日9時〜19時)