BEVとは?電気自動車(BEV)の特徴

BEV(Battery Electric Vehicle)とは、電動車(EV)の種類のひとつで、100%電気で走る電気自動車のことをいいます。

BEVの仕組みや特徴について、くわしく解説します。

BEVとは?

BEVとは “Battery Electric Vehicle” の略称で、電気のみをエネルギー源として走行する車両のことを指します。

一般的には「EV」と呼ばれることが多いので、「BEV=EV」という理解で問題ないでしょう。

ではなぜ「BEV」という言葉があるのでしょうか。それは、100%電気で動くEV以外にも、これまで沢山の種類の電気自動車が開発されてきたからです。

ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド自動車(PHEV)、燃料電池自動車(FCEV)といった種類の車両も「電気でも動く」という意味で広義で電気自動車(Electric Vechle, つまりEV)となります。

こうした種類の電気自動車と完全に電気のみで動く電気自動車とを区別するために “バッテリー” の頭文字のBを付けて「BEV」という用語が使われることがあります。

たとえばテスラや日産のリーフをはじめ、トヨタのbZ4Xやスバルのソルテラ、軽EVとして人気を博している日産サクラや三菱eKクロスEVなどもBEVに分類されます。

日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げています。今後はガソリン車に変わってBEVを含むEVが主流となっていくことが予想されます。

BEVのしくみ・特徴

従来のガソリン車は、ガソリンというエネルギー源を利用してエンジンを動かし、その力で走行します。一方でBEVはバッテリーに貯めた電気でモーターを動かして走行します。

完全に電気で動くのが、従来のガソリン車やPHEVやHVなどとの決定的な違いです。

エンジンを使わないため、二酸化炭素(CO2)を含む排気ガスが一切出ないため地球環境に優しく、さらに走行音が静かで、車内を広く設計しやすいというメリットもあります。またバッテリーの導入で構造がシンプルになり、消耗品を含む整備パーツが少ないため整備コストが低いこともBEVの利点の一つです。

自宅や出先の充電スタンドの外部電源から充電できるほか、クルマが減速するときのエネルギーを利用して発電する「回生充電」の機能も備えています。回生充電だけですべてをまかなうことはできないため、外部電源からの充電は必須ですが、電源と十分なスペースさえあれば充電スタンドを設置することができるので、ガソリンスタンドにわざわざ出向く必要はありません。

BEVの黎明期は1回の充電で走行できる距離の短さや、充電設備の普及率の低さがデメリットとして問題視されていましたが、最近では街乗りであれば十分な走行距離のスペックの車種も増えてきており、日本国内の充電スポットも増加傾向にあります。

まとめ

BEVとは100%電気で走る電気自動車のこと。単にEVと呼ばれることも多いのですが、PHEVやHVなども広義では電気自動車に該当するため、これらと区別するために「BEV」と表記されることがあります。

PHEVやHVなどと違い、100%電動であることが大きな特徴。どんなシーンでも排気がゼロの環境にやさしい乗り物です。

私たちエネチェンジは、電気自動車の充電設備を導入したい商業施設や宿泊施設・駐車スペースのオーナーの方に向けたサービスを提供しています。充電器の設置から運営、集客、カスタマーサポートなどをひとつのパッケージプランにしてご用意しております。

ご興味をお持ちいただけましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽に
お問い合わせください

担当者がご案内いたします。補助金のことや設置にいついての不明点、
料金プラン、サービス詳細についてお気軽にお問い合わせください

TEL:050-1751-0484 (受付時間:平日9時〜19時)