自社オフィス、工場の駐車場に電気自動車(EV)の充電器を設置するメリットは?導入方法は?

オフィスや工場の経営者が自社の駐車場に電気自動車(EV)の充電設備を置くと、従業員へ福利厚生ができたり、SDGsへ取り組みにつながるなど大きなメリットがあります。

自社オフィスや工場向けの充電器の種類や導入方法など、くわしくご紹介します。

自社オフィス、工場に電気自動車(EV)の充電器は必要?

日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げています。今後はこれまでのガソリン車に変わり、電気自動車(EV)が主流となっていきます。

電気自動車が普及していくにつれて、電気自動車で通勤をする従業員が増えていくことが予想されます。また、社用車の購入・買い替え時にはこれまでのガソリン車に変わり、電気自動車が選択肢として加わることもあるでしょう。

経営者が自社オフィスや工場に電気自動車の充電設備を導入した場合、福利厚生の一環として従業員向けに電気自動車のチャージを提供できます。また、企業としてSDGsの貢献にもつながります。

自社オフィス、工場に導入しやすい充電器は?

オフィスや工場の経営者が電気自動車(EV)の充電器の設置を考えた時に導入しやすいのは、駐車場スペースに普通充電器を設置する方法です。

充電器の種類には、出力が高く短時間で充電が完了する「急速充電器」と、出力は低めで数時間の充電時間を必要とする「普通充電器」の2種類があります。急速充電器は広い設置場所が必要で導入費用も多くかかるため、主に高速道路のSA/PAや道の駅などに設置され、緊急時などの継ぎ足し充電に利用されます。いっぽう普通充電器は設置に場所をとらず、急速充電器よりも導入費用が安いので、オフィスや工場には普通充電器が向いています。

電気自動車(EV)充電器の自社オフィス、工場への導入方法は?

電気自動車(EV)の充電器を導入する際は、基本的に以下の流れとなります。

・設置場所を決める
・購入する充電器を選定する
・運用方法を決定する(充電管理システム・料金徴収方法など
・工事を行う施工業者を決定・手配をする

充電器の選定から工事の手配まで、慣れない作業をオーナーの方がひとりで行うのは手間がかかります。「充電器を導入したいけれど手間をかけたくない」という方は、エネチェンジ EV チャージが便利です。

エネチェンジ EV チャージは、充電器の設置から運営、集客、カスタマーサポートまでのすべてをひとつのパッケージプランとして提供しています。複雑な導入手続きから、導入後の集客やサポートまでをエネチェンジがまとめて行うので、面倒な手間がかかりません。福利厚生のために従業員は無料にしたいなど細かく料金設定ができるプランから、お試しで導入してみたい方向けの初期工事費用がかからないプランまで、ご要望に合わせて選択できるプランをご用意しています。

まとめ

電気自動車(EV)の充電器を設置するオフィスや工場は増えてきています。

電気自動車の所有者にとって、福利厚生として勤務先で充電が行えることは大きな魅力があります。企業としても、充電設備を導入することでSDGsの貢献につながり、企業全体の環境意識を高めることが期待できます。

お気軽に
お問い合わせください

担当者がご案内いたします。補助金のことや設置にいついての不明点、
料金プラン、サービス詳細についてお気軽にお問い合わせください

TEL:050-1751-0484 (受付時間:平日9時〜19時)