EVの普及はSDGsの目標達成につながる?

今回は電気自動車(EV)と持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)の関連性を紐解いていきます。EVは電気をバッテリーに充電し、モーターの力で走行します。エンジンを動かすのに排気ガスを排出するガソリン車とは異なり、走行時に排気ガスを一切排出しません。そのためEVは、環境問題の改善、SDGsの目標達成や脱炭素社会の実現のカギを握る車として注目されています。

SDGsの詳しい説明はこちらをご覧ください
外務省「SDGsとは?」

エコカーの種類

SDGsや日本政府の脱炭素宣言を受けて環境問題について興味・関心をもつ人が増え、エコカーへの注目度も高まっています。エコカーとは、排出ガス性能と燃費性能に優れ、環境に優しい自動車のことで、次世代自動車とも呼ばれています。EV、HV、PHV、FCVなど、アルファベットで略されてしまうことが多い具体的にどのような車を指すかをまとめました。

エコカーは環境に優しい

エコの名の通り、エンジンでガソリンや軽油などの化石燃料を燃やすことで走行するガソリン車と違い、原動力が電気や水素であるEVやFCVは、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しないため、環境に優しいと言われています。さらに、開発・技術の進歩により燃費も改善されています。電気モーターは内燃機関よりも効率が高いため、動力源として全部または一部に電力を利用するEVやHV、PHVなどは在来型のガソリン車よりも燃費が良くなっています。中でもEVはガソリン車の2倍以上の燃費の良さです。

※ガソリン車=1.0とした場合。1.0を越えるとガソリン車より燃費が良い
出所:「エコカーを選んでみませんか?」(環境省 COOL CHOICE HP)

EV+自家発電で電気を自給自足

「V2H」(EV to Home)というEVやPHVを家庭用蓄電池として活用するシステムがあります。昼間、家庭の太陽光発電システムで発電した電気のうち、使いきれない分をEVやPHVに蓄電して夜に使用できます。ただ電気をEVに貯める一方向の流れだけではなく、車に貯めた電力を再び家庭に戻して使うことができるので、太陽光で発電した電気をムダなく効率的に使用できます。

停電などの非常時にも役立つ

V2Hを導入することで、EVやPHVを非常用電源としても活用できます。日産の試算によると「日産リーフe+」(62kWh)であれば、約4日は家中の家電の電力をまかなえるといいます※。

※出所:日産リーフ蓄電池利用べージ

まとめ

EVをはじめとするエコカーの普及は、脱炭素社会の実現や、SDGsの目標11「住み続けられるまちづくり」、13「気候変動に具体的な対策を」の解決につながる取り組みです。さらに、走行時にCO2を排出しないEVやFCVや、再エネ電源を有効活用できるV2Hシステムは、目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」の実現に貢献します。こうしたEVやEVインフラなどの開発・提供は、持続可能な産業化を促進しており、目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」の取り組みと言えるでしょう。

お気軽に
お問い合わせください

担当者がご案内いたします。補助金のことや設置についての不明点、
料金プラン、サービス詳細についてお気軽にお問い合わせください

TEL:050-1751-0484 受付時間:10時〜18時(年中無休)